こんにちは~「ぽん」です!

今回は「株価が暴落したときの対処法」について話していきます。

本記事の対象は以下の通りです。
・株式投資をしている人


1.株価が暴落したときの対処法

最近、コロナウィルスやら原油価格の暴落やらで何かと株価が暴落している訳ですが、長く投資を続けていると暴落というものは必ず経験するものです。

株価がいつ暴落するのかなんてことは分からないですし、ましてや暴落前に逃げ切ろうなど私を含め多くの凡人投資家にとっては非常に困難なことでしょう。

つまり、暴落前の対処法というものはなかなか難しいのですが、実際に暴落を受け、暴落を受けた後での対処法であれば実践することは可能でしょう。

私が考える株価が暴落したときの対処法は以下の3つです。
①S&P500のインデックスファンドを少額ずつ購入する。
②市場が落ち着くまで静観する。
③思い切って損切りする。

2.S&P500のインデックスファンドを少額ずつ購入する。

S&P500は長期に渡り、幾度となく大きな暴落を乗り越えてきました。

過去の実績が未来にも続くかどうかは不確かですが、過去の実績というのは未来においてもそれなりに評価すべきポイントであると思っております。

S&P500は右肩上がりであることが多く、何とかショックなどというようなことが無い限り、なかなか暴落することはありません。

つまり、今回のような暴落は長期的に見ればS&P500のインデックスファンドを仕込むには良い機会と言えるかもしれません。

しかし、暴落時というのはどこが底なのか分かりませんので、一気に資金を投入するのではなく、チビチビと少額ずつ投資をしていくのが望ましいでしょう。

少額ずつであれば、もう一段下落したときのリスクも小さくて済みます。

長期的に見れば、株価が回復する見込みの高いS&P500のインデックスファンドに投資することは、暴落時の対処法としては有効でしょう。

3.市場が落ち着くまで静観する。

株式市場が暴落で不安定なときは何もせず静観するというのも対処法の一つです。

特に投資経験の浅い人や暴落を経験したことの無い人にとっては、初めての暴落というのは精神的も体力的にも滅入ってしまうでしょう。

そういった場合には、市場が落ち着くまで何もしないでおきましょう。
なんなら、暴落が一段落するで保有株のことはすっかり忘れてしまっても構わないです。

その方が、含み損による精神的・体力的な負担が軽減できるでしょう。


4.思い切って損切りする。

株価が暴落している局面では、何もしないというのはベターな方法の一つではありますが、保有している銘柄に成長見込みが無ければ、思い切って損切りするというのも暴落時の対処法としては良いでしょう。

損切り時点では大きな損失となる可能性は高いですが、更なる下落が続く場合や今後の成長率が乏しい銘柄については見直しを行うべきでしょう。

一見損切りというと、バイアンドホールドを主としている長期投資家の中ではベターな方法ではありません。

しかし、今後も下がりそうな株をいつまでも持っている必要もないでしょう。
この場合にはしっかりと損切りし、次に繋げましょう。


※本記事の内容につきましては、個人調べによるものであり、正確性を確保するものではありません。
本記事によって生じる損害等につきましては、一切の責任を負いかねますので、ご承知のほど、よろしくお願いいたします。

スポンサードリンク