こんにちは~「ぽん」です!

今回は「バランス型インデックスファンド」について話していきます。

本記事の対象は以下の通りです。
・株式投資をしている人


1.emaxis slim バランス(8資産均等型)

優良な投資信託が多いことでお馴染みのemaxis slimシリーズですが、今回は「emaxis slim バランス(8資産均等型)」について見ていきます。

コロナショック以降、株式は大きく暴落しています。
直近では暴落時の半値ほど株価を戻しつつあるとはいえ、コロナショック以前の株価まではまだ戻り切れていません。

この「emaxis slim バランス(8資産均等型)」は、世界各国の株式、公社債、リートにバランスよく分散された商品であり、特定の資産や国の暴落時に左右されづらい党委信託になっています。

<emaxis slim バランス(8資産均等型)の投資対象>
先進国リート:12.5%
国内リート:12.5%
新興国債権:12.5%
先進国債権:12.5%
国内債券:12.5%
新興国株式:12.5%
先進国株式:12.5%
国内株式:12.5%

2.直近リターン(5月1日現在)

emaxis slim バランス(8資産均等型)の直近のリターンは以下の通りです。
1ヵ月:+4.40%
3ヵ月:▲13.19%
6ヵ月:▲11.39%
1年:▲7.35%

現在はコロナショックや原油価格下落による世界的不況のため、直近1ヵ月以外の期間ではマイナスになってしまうのは仕方がないところでしょう。

ただ、多くの国・資産に分散している割にはイマイチなリターンかもしれません。

株式と逆相関の債権が組み込まれていたり、不動産投資信託が組み込まれていることで、もう少し暴落の影響を受けづらいかと思っていましたが、流石に現状の相場では難しいようです。

参考までに同じemaxis slimシリーズである「emaxis slim米国株式(s&p500)」、「emaxis slim 先進国株式インデックス」のリターンは以下のようになっています。

<emaxis slim米国株式(s&p500)>
1ヵ月:+14.94%
3ヵ月:▲11.61%
6ヵ月:▲4.24%
1年:▲2.50%

<emaxis slim 先進国株式インデックス>
1ヵ月:+13.81%
3ヵ月:▲14.00%
6ヵ月:▲7.73%
1年:▲6.55%

3.不況時にバランス型は有効ではない?

幅広く分散が効いているはずの「emaxis slim バランス(8資産均等型)」ですが、長期的に見ると「emaxis slim 先進国株式インデックス」とは同等のリターンになっていますが、「emaxis slim米国株式(s&p500)」には劣っています。

この結果だけ見ると、今回のような暴落時においても、下手にバランス型に投資するよりはS&P500に投資しておいた方がリターンが良くなるということになります。

毎回このような結果になるとは限りませんが、少なくとも今回の暴落時においてはバランス型でさえ暴落に強いとは言い難いでしょう。

4.まとめ

・emaxis slim バランス(8資産均等型)は世界格好の株式、公社債、リートにバランスよく分散されている投資信託である。
・過去1年リターンではS&P500に劣っている。
・一見バランス型は暴落時に強そうなイメージではあるが、S&P500の方が暴落時に強い可能性がある。


※本記事の内容につきましては、個人調べによるものであり、正確性を確保するものではありません。
本記事によって生じる損害等につきましては、一切の責任を負いかねますので、ご承知のほど、よろしくお願いいたします。

スポンサードリンク