こんにちは~「ぽん」です!

昨日(5月8日)の21時に米国の経済指標がいくつか公表されました。結果は以下の通りです。

<4月米国経済指標結果>
非農業部門雇用者数変化(前月比):前回▲70万人⇒予想▲2,200万人⇒結果▲2,050万人
失業率:前回4.4%⇒予想16.0%⇒結果14.7%
平均自給率(前月比):前回0.4%⇒予想0.4%⇒結果4.7%
平均自給率(前年同月比):前回3.1%⇒予想3.3%⇒結果7.9%

どの経済指標も予想より結果が良好であったため、大きく株価が上昇しました。
元々予想そのものがかなり低く見積もられていたことと、各国の経済活動が再開しつつあるということが好感されています。

NYダウの終値は、前日比+455.43ドルの24,331.32ドル(上昇率1.91%)。
S&P500の終値は、前日比+48.61ドルの2,929.80ドル(上昇率1.69%)。
SPXLの終値は、前日比+1.72ドルの36.39ドル(上昇率4.96%)。

4月以降、2番底が来ると思い、押し目買いを狙っていたのですが、結果として押し目買いのチャンスはありませんでした。

コロナショック以降、株式市場は自分の想定とは違う方向に動いています。

正直なところ、実経済や経済指標の結果がもう少し影響するのかと思っていましたが、現在の相場は経済再開やコロナ終息に向けた期待感の方がはるかに大きいようです。

よって、不本意ではありますが、この上昇トレンドに乗る形で順張りしていく戦略に変更していきます。

恐らく今後も一時的に下落する場面もあるとは思いますが、S&P500についてはコロナショック以前の株価よりも低い株価であり、現時点の株価でも高値圏というわけではないのではないかと思います。

今回は以下の銘柄を追加投資しました。
SPXL 35.90ドル×1株
SPXL 35.70ドル×1株

なお、変更後の投資戦略は以下になります。
①直近高値である76.33ドルの半値である38ドル付近までは順張り・逆張り関係なく追加投資をしていく。
②損切りはしない。
③76ドル付近になったら利確を検討。


週明け以降、株価がどうなるか分かりませんが、上記戦略に沿って投資していきます。


※本記事の内容につきましては、個人調べによるものであり、正確性を確保するものではありません。
本記事によって生じる損害等につきましては、一切の責任を負いかねますので、ご承知のほど、よろしくお願いいたします。

スポンサードリンク