こんにちは~「ぽん」です!

直近の株式相場は本当に強いです。
新型コロナウィルスの新規感染者数が減少していることに加え、経済再開の期待感から徐々にコロナショック以前の株価に戻しつつあります。

<5月11日の株式市場>
日経平均株価:20,390.66円(前日比+211.57円)
TOPIX:1,480.62円(前日比+22.34円)
NYダウ:24,221.99ドル(前日比▲0.45%)
S&P500:2,930.32ドル(前日比+0.018%)

4月までは2番底を期待していましたが、あまりに堅調な相場に2番底は無いと仮定し、5月以降、上昇トレンドに乗った投資戦略に切り替えております。

戦略を変えた時の話については以下の過去記事をご参照ください。




戦略変更の甲斐もあり、順張りにより取得単価は上がっておりますが、その分株価も上がっていっているので含み損益的には僅かながら利益が膨れる形になってきています。

戦略を変えて間もないですが、今のところは順当にいっているので、このまま2番底を待たず、SPXLの株数を積み上げていきたいと思います。

王道路線を行くのであれば、VOOやVTIもしくはそれに連動した投資信託に投資していくのが良いでしょう。

私の場合は、元々、相場に関係なくVOOやVTIに準ずる投資信託をドルコスト平均法で積み立てているため、株価が戻ると仮定したとき、より大きいリターンが狙えるSPXLへ投資をしています。

ただ、今後の株価次第では大きく損失を抱えるリスクも背負っているため、人におすすめできるような投資対象ではありません。

一般的にレバレッジETFはどれも大きなリスクを背負うため、もし投資されるのであれば、十分なリスク管理をした上で投資をしましょう。


※本記事の内容につきましては、個人調べによるものであり、正確性を確保するものではありません。
本記事によって生じる損害等につきましては、一切の責任を負いかねますので、ご承知のほど、よろしくお願いいたします。

スポンサードリンク