こんにちは~「ぽん」です!

米国株式市場は6月9日~11日の三日連続での下落となりました。

特に11日の下げ幅は大きく、NYダウが前日比▲6.9%の25,128.17ドル、S&P500が前日比▲5.9%の3,002.10ドルとなっています。

三日間の累計では、
NYダウ:27,572.44ドル⇒25,128.17ドル(▲8.6%)
S&P500:3,232.39ドル⇒3,002.10ドル(▲7.1%)
と大きな下落となっていることが分かります。

現在の株価は約10日ほど前の水準であり、10日分の上げ幅を完全に戻した形になっています。

昨日も開場早々、株価が下落していたので以下の通り、追加投資をいたしました。
SPXL:42.00ドル×1株
SPXL:43.00ドル×2株

ただ、SPXLの終値(38.56ドル)をみると、少し買付のタイミングが早かったような気もしますが、取引終了まで株価は下がり続けていたので仕方ありません。

ここ三日の下落を受け、チャート的には下落傾向になってきています。
一昨日までは二番底を全く警戒していなかったのですが、昨日の下落で状況が一変しました。

勿論、今日以降、株価が回復していくようであればただの杞憂に終わりますが、今日も引き続き株価が下落していくようだと、二番底とまでいくかどうかは別として大きな下落を警戒する必要があるかもしれません。

今のところ、12日の日経平均株価がそこまで下げなかったことを見ると、杞憂に終わるかもしれません。

投資戦略としては、現在の株価(38.56ドル)は取得単価以下であり、私のダブルバガー基準値にも戻って来ましたので、今日も株価が下がっていくようであればナンピンをしていきます。

なるべく下落局面で投資額を増やしていき、上昇時の利益を上げていきたいと思います。

どちらにせよ、今回の下落傾向は様子見局面だと思いますので、じっくりと様子を見ながら少しずつ買付をしていきます。

個人的には、ドル円相場も少し安定してきたように見えるので二番底はないかなと思っていますが、将来のことは分かりませんので投資戦略に従って投資をしていきます。


※本記事の内容につきましては、個人調べによるものであり、正確性を確保するものではありません。
本記事によって生じる損害等につきましては、一切の責任を負いかねますので、ご承知のほど、よろしくお願いいたします。

スポンサードリンク