こんにちは~「ぽん」です!

今回は以下の内容で説明していきます。


1.今週の日米株式指数(2020年7月17~22日)

日経平均株価(円):22,696⇒22,752(+0.2%)
TOPIX(円):1,574⇒1,573(▲0.1%)
NYダウ(ドル):26,671.65⇒26,469.89(▲0.8%)
S&P500(ドル):3,224.73⇒3,215.63(▲0.3%)
NASDAQ(ドル):10,503.19⇒10,363.18(▲1.3%)
※日本の指標は7月17~22日までのデータ

今週は新型コロナウィルス新規感染者数の増加や米中摩擦再燃などネガティブなニュースが多かった割には、ワクチン期待などもあり思ったほどは株価が下落しなかったという印象です。

NASDAQだけが他の指数に比べて少し大きく下落していますが、今までが上がり過ぎていたのでこのくらいの下落率であれば気にする必要は無いかと思います。

今週は日本株式市場が22日までであったため、ヨコヨコの株価となっていますが、23~24日の米国株式市場の下落を受け、週明けの月曜日は株価が下落するかもしれません

2.GAFAMの騰落率 (2020年7月17~22日)

GOOG(ドル):1,515.55⇒1,511.87(▲0.0%)
AMZN(ドル):2,961.97⇒3,008.91(+1.6%)
FB(ドル):242.03⇒230.71(▲4.7%)
APPL(ドル):385.31⇒370.46(▲3.9%)
MSFT(ドル):202.88⇒201.30(▲0.8%)

今週のGAFAMは日々の暴落が大きかったので、全体的に下落していそうなイメージでしたが、一週間を通してみると、FBとAPPLは大きく下落しているものの、GOOGとMSFTはNASDAQより下落率が低かったことが分かります。

また、AMZNに至ってはプラスとなっています。


3.SPXLの株価状況

<7月17~22日>
SPXL(ドル):47.13⇒46.74(▲0.8%)

下落率は小さく、特に何かアクションをするということは考えていません。
ただ、チャート的には下落基調になりかけているのでなってきています。

このまま下落トレンドに入り25日平均移動線を割ってくるようなことがあれば、買い増しを検討していきたいと思います。

4.まとめ

・週明け月曜の日本株式指数は下落する可能性あり。
・GAFAMの暴落率は銘柄により大きく差がある。ただどの銘柄も下落基調なので要注意。
・SPXLの株価は未だ25日移動平均線より上にあり、平均移動線を割るような株価になれば買い増しを検討する。


※本記事の内容につきましては、個人調べによるものであり、正確性を確保するものではありません。
本記事によって生じる損害等につきましては、一切の責任を負いかねますので、ご承知のほど、よろしくお願いいたします。

スポンサードリンク