こんにちは~「ぽん」です!

今回は以下の内容で説明していきます。


1.今週の日米株式指数(2020年8月3~7日)

日経平均株価(円):21,710⇒22,330(+2.9%)
TOPIX(円):1,496⇒1,547(+3.4%)
NYダウ(ドル):26,428.32⇒27,433.48(+3.8%)
S&P500(ドル):3,271.12⇒3,351.28(+2.5%)
NASDAQ(ドル):10,745.27⇒11,010.98(+2.5%)

今週も先週に引き続き、多くの日本企業が決算発表を行いました。
ほとんど企業の業績は良くありませんでしたが、材料出尽くしなのか、株価が下げ過ぎたせいなのかはは分かりませんが、決算発表後に株価を上げた銘柄が多かったように感じます。。

今週は日米株式指数はともに前週比でプラスとなりました。

日本株式指数については先週下げた分をやや取り返す形となり、米国株式指数については順調に上昇しております。

今週は日本のGDP、米国のISM製造指数・失業率などの指標結果が発表されましたが、どれも前回並みまたは前回よりも上昇しており、結果としては悪くなかったと思います。

ただ、指標結果や決算結果は日本株に対してはそこまで株価に連動しなかったように感じます。

2.GAFAMの騰落率 

GOOG(ドル):1,482.96⇒1,494.49(+0.8%)
AMZN(ドル):3,164.68⇒3,167.46(+0.1%)
FB(ドル):253.67⇒268.44(+5.8%)
APPL(ドル):425.04⇒444.45(+4.6%)
MSFT(ドル):205.01⇒212.48(+3.6%)

今週はGAFAMの騰落率は、まさかのAmazonがイマイチの結果となりました。
とはいえ、前週末並みの株価であり悲観するほどではありません。

NASDAQの騰落率が前週比で+2.5%であることを考えると、Facebook、Apple、Microsoftのパフォーマンスは優秀だったといえます。

Microsoftは先週は決算結果がイマイチだったため、一時株価を下げましたがTikTok買収のニュースが出ると株価が急騰しました。

一方で、Googleは先週に引き続きNASDAQをアウトパフォームしており、厳しい状況が続いています。

3.SPXLの騰落率

SPXL(ドル):49.21⇒52.87(+7.4%)

保有中のSPXLも遂に50ドルを突破しました!

先週、今週と比較的強い上げが続いており、買い増しこそ出来ていない状況ですが、含み益は確実に増えています。

どこかで株価を下げるタイミングがあれば、少し買い増ししようかと思いますが、今の地合いだとなかなか大きな株価の下落はなさそうな気がします。

4.まとめ

・日本指数、米国指標ともに前週比で上昇している。
・GAFAMの中ではFacebook、Apple、Microsoftの株価はNASDAQに対し大きくアウトパフォームしている。
・SPXLの株価は50ドルを突破。買い増しポイントを探りつつ、暫くは様子見か。


※本記事の内容につきましては、個人調べによるものであり、正確性を確保するものではありません。
本記事によって生じる損害等につきましては、一切の責任を負いかねますので、ご承知のほど、よろしくお願いいたします。

スポンサードリンク