こんにちは~「ぽん」です!

それでは今週の株式相場を振り返っていきます。


1.今週の日米株式指数(2020年8月10~14日)

日経平均株価(円):22,330⇒23,289(+4.3%)
TOPIX(円):1,547⇒1,623(+4.9%)
NYダウ(ドル):27,433.48⇒27,931.02(+1.8%)
S&P500(ドル):3,351.28⇒3,372.85(+0.6%)
NASDAQ(ドル):11,010.98⇒11,019.3(+0.1%)

今週の日本株式指数は、右肩上がりのキレイな上昇トレンドとなりました。
日経平均株価は7月末に22,000円を割ったものの、ここ2週間で1,000円以上の上昇を見せています。

例年であれば、8月は夏枯れと言われており、株価が上昇しづらい状況にあるのですが、今年に至っては完全に上げ相場となりました。

私自身も、ここ2週間空売りで勝負をしていたたため、多くの空売り銘柄が焼かれました。
現在は一旦短期ポジションを全て損切りしたので、頭を冷やして立て直しを図りたいと思います。

多くの日本企業の決算は明らかに悪化していたため、実経済と株価が乖離しているような気もしますが、コロナ以前も実経済とは反対に株価は上昇していたので、下手にこの波に逆らわない方が良い気がします。

一方で米国株式指数は、日本株式指数に比べるとパッとしない一週間でした。
8月に入ってからは、NYダウのパフォーマンスがS&P500やNASDAQより優れています。

NYダウはS%P500に比べて、「金融」「資本財」の業種比率が高いので、8月以降、これらの業種が伸びてきているということでしょう。

コロナショック前の株価を大きく更新している「テクノロジー」と違い、「金融」「資本財」はまだコロナショック以前の株価に戻っておらず、上昇余地があるといえるでしょう。

2.GAFAMの騰落率

GOOG(ドル):1,494.49⇒1,507.73(+0.9%)
AMZN(ドル):3,167.46⇒3,148.02(▲0.6%)
FB(ドル):268.44⇒261.24(▲2.7%)
APPL(ドル):444.45⇒459.63(+3.4%)
MSFT(ドル):212.48⇒208.9(▲1.7%)

NASDAQの上昇率がイマイチなのに対し、アップル(APPL)の株価が絶好調です!
アップル(APPL)は株式分割の公表以降、順当に株価を伸ばしています。

一方、フェイスブック(FB)、マイクロソフト(MSFT)は株価を大きく下げています。
マイクロソフトは決算発表以降、株価が伸び悩んでいます。

8月以降、NASDAQのパフォーマンスは徐々に落ちてきているので、ハイテク情報銘柄は暫く株価が伸び悩む状況が続きそうです。

この辺りは、コロナショック以降のパフォーマンスが良過ぎたことによる調整も含まれていることでしょう。

3.SPXLの騰落率

SPXL(ドル):52.87⇒53.91(+2.0%)

S&P500の上昇率がやや落ちていることで、SPXLの上昇率も大きくはありませんが、前週比で2.0%増と、しっかり株価を伸ばしていることは評価できます。

このまま、コロナショック以前の株価まで回復してくれることを期待しつつ、引き続きホールドを続けます。

ここ最近は株価を大きく下げる場面が無く、買い増しタイミングがありませんで静観する形にはなりますが、引き続きウォッチしていきたいと思います。

4.まとめ

・日本指数、米国指数ともに前週比で上昇しているものの、日本株式指数に比べると米国株式指数の上昇率はパッとしない。
・GAFAMの中では、アップルの株価がNASDAQに対し大きくアウトパフォームしている。
・SPXLは引き続き順調に株価を伸ばしている。


※本記事の内容につきましては、個人調べによるものであり、正確性を確保するものではありません。
本記事によって生じる損害等につきましては、一切の責任を負いかねますので、ご承知のほど、よろしくお願いいたします。

スポンサードリンク