こんにちは~「ぽん」です!

今回は「金融リテラシーの高め方(家計簿をつける習慣を身に付ける)」について説明していきます。

本記事の対象は以下の通りです。
・家計簿をつけたことがない人
・金融リテラシーの低い人


1.なぜ家計簿をつけると金融リテラシーが上がるのか?

家計簿をつけることにより、自分のお金の流れを一目で確認することができます。
家計簿を見返すことで今月どのくらいの収入があり、何にどれだけ費用が掛かったのかを確認することができます。

毎月の収支が赤字であれば改善する必要があります。
無駄な支出を減らし、資産運用に回せる額を捻出しましょう。

これを行うことにより、金銭感覚と資金管理能力を身に付けることができます。

一方、家計簿をつけていない場合、支出は収入の範囲で収まったのか、無駄な支出はなかったか確認することもできません。

この状態はお金に対し、無関心な状態であり非常に危険な状態です。
知らず知らずのうちに毎月赤字を貯金を切り崩すことで賄っているかもしれません。
このような状態が続けば、直ぐに貯金が尽きてしまいます。

家計簿をつけることで、自分の資金状態が明確になり、資金管理に対する意識が向上します。
この積み重ねが金融リテラシーを高めることになります。

2.家計簿を続ける方法

家計簿をつける上で、最大の難関となっているのは「続かない」ということでしょう。
ここで家計簿を続けるための方法を1つお教えします。

それは「無理をしない」ということです。

家計簿を途中で止めてしまう人のほとんどは、最初に頑張り過ぎて毎日抜け漏れがないように丁寧につけてしまうことが多いです。それ自体はとても良いことなのですが、それだと毎日は続きません。

なので、週1回でも良いですし、月1回でも良いので記録をつけるという習慣を身に付けましょう。また、内容についても細かくつける必要はありません。

例えば、水道代、電気代、飲食代、交際費、雑費など大雑把な表記で十分です。
とにかく続けるということが重要です。

恐らく、大雑把な家計簿をつけていくと雑費が大きくなるかもしれません。
しかし、毎月の収入と支出はとりあえず把握できます。

最初は、収入と支出を把握するところからでも良いです。徐々に習慣化され家計簿をつけることに慣れてきたら、雑費の部分を少しずつ細かくしていきましょう。

あまりに真面目にやろうとするから途中で続かなくなるのです。
最初のうちは、あまり細かく考えずザックリで十分です。

時には家計簿をつけ忘れてしまう日もあるでしょう。
そういった場合にはクレジットカードやスマホ決済を有効活用しましょう。

クレジットカードやスマホ決済は履歴が残るので、いざという時の備忘に使えます。
キャッシュレス決済にすることでポイントが貯まったり還元があったりするのでおすすめです。

それでもという方は、今は家計簿アプリなどもあるのでそういったものを活用しましょう!

3.家計簿をつけることは簿記の勉強になる

家計簿をつけることは簿記の勉強にもなります。
そもそも簿記とは、お金の流れを一定のルールを用いて記録したものです。

お金の流れを把握することは、簿記の学習を進める上でも大いに役立ちます。
既に簿記の知識がある人であれば、仕訳からオリジナルの損益計算書を作っても良いでしょう。

例えば、その過程の中で給与=売上、交際費・電気代・水道代などの経費=固定費、といった形で関連付け、収入-支出=利益といった形で毎月自分の利益を確認し、年間で利益がどれくらいになるか、計算してみても面白いかもしれません。


4.まとめ

繰り返しになりますが、家計簿を続ける秘訣は「無理をしない」ことです。
とりあえず続けるということを意識しながら家計簿をつけていきましょう。

そうすることで自身の金融リテラシーの向上にも役立つことでしょう。

※本記事の内容につきましては、個人調べによるものであり、正確性を確保するものではありません。
本記事によって生じる損害等につきましては、一切の責任を負いかねますので、ご承知のほど、よろしくお願いいたします。