こんにちは~「ぽん」です!

今回は「投資信託を選ぶときのポイント3選」について説明していきます。

本記事の対象は以下の通りです。
・投資信託を始めようとしている人
・どの投資信託を選べばよいか迷っている人


1.そもそも投資信託(商品)の数が多すぎる

近年、各証券会社で扱う投資信託(商品)の数は年々増えており、いざ投資を始めようとしたものの、どの投資信託(商品)を選べばいいのかと悩むことも多いかと思います。

例えば、大手ネット証券のSBI証券や楽天証券は約2,600銘柄、マネックス証券は約1,200銘柄の投資信託(商品)を取り扱っています。

投資家としては選択肢が多いというのは喜ぶべきことなのですが、流石に1,000や2,000の投資信託(商品)を一つ一つ見ていくのは骨が折れます。

投資経験のある人であれば、ある程度自分なりの投資基準を持っているので、膨大な投資信託(商品)の中から自分に合った投資信託(商品)を選ぶことができます。

しかし、投資初心者の方や投資経験の浅い方は、自分なりの投資法が定まっていないため、どの投資信託(商品)を選べばいいのか迷うかと思います。

本記事では投資初心者や投資経験の浅い方向けに投資信託(商品)を選ぶ際に見るべきポイントについて以下で説明していきます。

2.ポイント①運用方針を見る

1つ目は投資信託(商品)の「運用方針」です。

例えば、日経225、TOPIX、MSCIコクサイ、S&P500に連動するインデックス型、国内外の株式や債権などを組み入れたバランス型など、それぞれの運用方針や指数(ベンチマーク)に連動するよう様々な資産を組み入れて運用しています。

その投資信託(商品)の運用方針や組入資産によってリターンやリスクも変わってきます。

例えば、ハイリスク・ハイリターンを狙うのであれば、新興国株式や外国債権などを多く組み入れた投資信託(商品)になるでしょう。

また、ローリスク・ローリターンを狙うのであれば、先進国株式や国内債券などを多く組み入れた投資信託(商品)になるでしょう。

つまり、自分の運用方針や好みに合わせて投資信託(商品)を絞り込んでいくことになります。
ここを決めるだけも膨大な投資信託(商品)の中から対象となる投資信託(商品)を一気に絞ることができます。

なので、まずは自分がどのくらいのリターンを狙ってどのくらいのリスクまで許容できるのかを決め、それに合った運用方針または構成組入である投資信託(商品)を選ぶのが良いでしょう。

ただし、同じ指数(ベンチマーク)を持っている投資信託(商品)でも、個々の投資信託(商品)によって暴騰率に対する連動性が異なります。

例えば、日経平均225を指数(ベンチマーク)にしている投資信託(商品)でも、その指数(ベンチマーク)との連動性が薄ければ(乖離が大きい)、その投資信託(商品)に投資する意味がなくなります。

そのため、実際にその投資信託(商品)を購入する前に月次レポートなどで指数(ベンチマーク)と乖離が無いか確認してから購入しましょう。

もし、乖離が大きいようであれば、同じ指数(ベンチマーク)を持った他の投資信託(商品)を検討すべきです。

3.ポイント②コストを見る

2つ目は「コスト」です。

投資信託(商品)の利益は、基準価額と現在価額との差額による利益からコスト(信託)を差し引いたものになります。

だとするならば、なるべくコストの安い投資信託(商品)を選んだ方が、同じ運用益が出ていたとしてもコストの分だけ実質リターンが大きくなります。

また、同じ指数(ベンチマーク)に連動している投資信託(商品)でも、なるべく低コストのものが良いです。コストが低ければ低いほど、実質リターンが大きくなります。

最近は投資信託のコスト競争が激しいので、低コストの投資信託(商品)が多くあります。
間違っても高コストの投資信託(商品)を選ばないようにしましょう。

ただし、投資信託(商品)のコストを見る際に注意して欲しい点があります。

投資信託(商品)のコストには、信託報酬など見える形で分かるコストと、実際に運用してみないと分からない隠れコストの2つがあります。

信託報酬など目に見えるコストについては、投資信託(商品)を購入する前に分かるのですが、隠れコストについては設定されて間もない投資信託(商品)だと分からない場合があります。

なので、まずは信託報酬など目に見えるコストが安い投資信託(商品)を選び、数ヶ月ほど様子を見て、隠れコストが想定の範囲内であれば運用を続け、隠れコストが想定以上に掛かるようであれば投資信託(商品)の変更も検討すべきでしょう。

ちなみに隠れコストについては、月次レポートなどで確認することができます。


4.ポイント③運用資金(純資産)を見る

3つ目は「運用資金(純資産)の大きさ」です。

運用資金が大きければ大きいほど、その投資信託(商品)は多くの銘柄を十分に組み入れることができます。

一方、運用資金が小さければ、多くの銘柄を組み入れることができず、十分な分散を行うことはできません。また、運用資金があまりに小さすぎると運用中止により繰り上げ償還される可能性があります。

優良な投資信託(商品)であれば、直ぐに資金が集まり運用資金が大きくなります。

ただし、一気に運用資金が集まることは必ずしも良いことばかりではありません。
急激に資金が集まり過ぎると、一気に銘柄を買い進めるためコスト増となるケースがあります。

5.まとめ

投資信託(商品)を選ぶ際には、①運用方針、②コスト、③運用資金(純資産)の3つに着目しましょう。

これが個別株の場合ですと、売上、営業利益率、営業キャッシュフローなど見るべきポイントが多いのですが、投資信託(商品)については上記3点で良いでしょう。

※本記事の内容につきましては、個人調べによるものであり、正確性を確保するものではありません。
ご承知のほど、よろしくお願いいたします。