こんにちは~「ぽん」です!

今回は「Yahoo!Japanカード(YJカード)改悪」について説明していきます。


1.改定の概要

2020年2月1日よりYahoo!Japanカード(YJカード)のポイント付与が以下のように改定されます。

<改定内容>
①PayPay決済
②PayPay残高チャージ
③nanacoクレジットチャージ
④nanacoオートチャージ
上記①~④の利用分のクレジットポイント進呈が廃止されます。

2.今回の改悪を受けて

今までPayPay残高チャージについては1%のポイント還元があり、nanacoクレジットチャージについては、0.5%のポイント還元が付与されていました。

そもそもnanacoはともかくとして、同じヤフー系であるpaypayへのチャージへのポイント付与が無くなるってどういうこと!?

この改悪でpaypayの利用者数も伸び悩みそうです。

また、nanacoは税金を支払うことのできる希少なカードで、YJカードではnanacoへのオートチャージを通してクレジットポイントを得ることができました。

私自身過去には楽天カードをnanacoへのオートチャージに使用していたのですが、2017年に楽天カードでのポイント付与が無くなったため、それ以降、nanacoへのオートチャージはYJカードで行っていました。

しかし、今回のYJカードの改悪により、楽天カードをメインに使っている私にとってはYJカードを使うメリットが減ってしまいました。

3.Tポイントが貯めづらい

楽天カードをメインに使用している私にとってYJカードは唯一Tポイントを大量に稼ぐツールでした。
個人的な主観ですが、昔に比べTポイントが貯めづらくなっているような気がします。

理由は以下のようなものが考えられます。

理由①:ファミリマートやドトールカフェなど以前加盟店であった企業が独自のポイントカードを出してきている。
理由②:楽天ポイントなどTポイントに勝るとも劣らないポイントサービスが出てきている。

4.まとめ

今後はYJカードの使い道を考えながら解約するかどうかを考えたいと思います。
良い使用用途が見つからなければ、解約も考えなければなりません。

最近は、クレジットカードやポイントサービスの数も多いため、分散させ過ぎるとどれも中途半端になるため、なるべく絞り込まなければなりません。

何か良い使い道があれば良いのですが。。。暫く考えたいと思います。

※本記事の内容につきましては、個人調べによるものであり、正確性を確保するものではありません。
本記事によって生じる損害等につきましては、一切の責任を負いかねますので、ご承知のほど、よろしくお願いいたします。