こんにちは~「ぽん」です!

今回は「正社員と非正規社員の違い」について話していきます。

本記事の対象は以下の通りです。
・正規社員のメリット・デメリットを知りたい人
・非正規社員のメリット・デメリットを知りたい人


1.正規社員と非正規社員の違い

まず、正規社員と非正規社員というのは、法律上明確な定義はありません。

ただ、一般的には簡単に以下のように分けられています。

正規社員:雇用期間がない。例)正社員
非正規社員:雇用期間がある。例)パート、アルバイト、契約社員、派遣社員など

つまり、正規社員というのは、自分から辞めたり、不祥事などで規約違反などが無い限り定年まで勤めることとなります。

一方、非正規社員では、半年や1年など雇用期間が決まっており、雇用期間が終了した時点で再雇用されない場合、その職場で勤める続けることはできません。

2.正規社員のメリット・デメリット

<メリット>
①雇用が安定している。
最近は業績の良し悪しに関わらず、早期退職募集やリストラを行う企業が多いので一概に安定しているとは言えませんが、非正規社員に比べると比較的雇用が安定しています。

②給与や福利厚生が恵まれている。
純粋な収入額ベースで見れば、非正規社員の方が掛け持ちできるケースがあり、年収ベースで非正規社員が正規社員を上回るということもありますが、昇給・昇格制度、賞与、各種手当など総合的には正規社員の方が恵まれています。

③退職金がある。
一般的には、正規社員には勤続年数や役職に応じた退職金が支給されます。一方、非正規社員には退職金が支給されることはほとんどありません

④社会的信頼性が高い。
正規社員は、非正規社員に比べて社会的信頼性が高いため、住宅ローンやクレジットカードなどの審査に通りやすくなっています。

<デメリット>
①勤務時間が安定しない。
業務の忙しさにより、残業や休日出勤を余儀なくされる場合、プライベートも含めたスケジュールが組みにくいことがあります。

②転勤や異動の可能性がある。
複数の支店や支社を持つ企業の場合、企業側の判断により、転勤や異動を命じられ、勤務地が変わる可能性があります。
また、部署異動などにより、違う職種にジョブチェンジする可能性があります。

③採用されない可能性がある。
高倍率の人気企業の場合、正規社員として採用されない場合があります。

3.非正規社員のメリット・デメリット

<メリット>
①自由度が高い。
自身で働く時間や期間を設定できるため、自由度が高く複数の仕事を掛け持ちしたり、子育ての時間が取れたり、趣味の時間を作ることなどできます。

②働く場所を自分で決めれる。
正規社員の場合、転勤や異動などにより勤務地が変わることがありますが、非正規社員の場合は、自分で勤務地を決めることができます。
勤務地が不服な場合は、その仕事を選ばないということができます。

③採用されやすい。
正規社員の場合、人気企業などは高倍率になることもあり、正規社員になれないことがもあります。一方、非正規社員の場合、雇用側は人件費削減のために雇うことが多いので、採用されやすいです。
そのため、正規社員では働くことができなかった企業であっても、非正規社員として名ら働けることがあります。

④収入を増やせる可能性がある。
掛け持ちや兼業できるケースが多いので、働き方次第では正規社員より多くの収入を得ることができます。

<デメリット>
①給与や福利厚生が恵まれていない。
給与や福利厚生面で正規社員と非正規社員には違いがあります。社会保険などについては格差がないものの、各種手当など正規社員のみが適用対象になっているものも多いです。


②社会的信用性が低い。
住宅ローンやクレジットカードの審査は、雇用や収入が安定している状態を好むため、雇用が安定していない非正規社員は、正規社員に比べると社会的信用が低くなっています。

4.まとめ

正規社員と非正規社員の違いは雇用期間の有無による違いになります。

ただ、最近は正規社員の持つメリットも薄れてきていますので、どちらが良い悪いではなく、双方にメリット・デメリットがありますので、自分に合った働き方をするのが一番かと思います。


※本記事の内容につきましては、個人調べによるものであり、正確性を確保するものではありません。
本記事によって生じる損害等につきましては、一切の責任を負いかねますので、ご承知のほど、よろしくお願いいたします。