こんにちは~「ぽん」です!

今回は「個別株と投資信託の違い」について話していきます。

本記事の対象は以下の通りです。
・個別株に投資しようとしている人
・投資信託に投資しようとしている人


1.個別株と投資信託の違い

個別株と投資信託の違いには以下のようなものがあります。

<売買のタイミング>
株式投資:株式市場が開いている間、リアルタイムで売買する。
投資信託:1日1回の基準価格で売買する。

<株主優待>
株式投資:あり。
投資信託:なし。

<投資額>
株式投資:最低購入価格から投資できる。
投資信託:100円から投資できる。

<信託報酬(管理費)>
株式投資:なし。
投資信託:あり。

2.個別株のメリット・デメリット

<メリット>
・自分オリジナルの組み入れができる。
・投資が楽しい(株の売買)。
・大きく儲けることができる。
・高配当株戦略ができる。
・株主優待戦略ができる。

<デメリット>
・ボラティリティ(変動)が激しい。
・大きく損することがある。
・減配される可能性がある。
・株主優待が廃止される可能性がある。
・長期的には投資信託(インデックス)に負ける可能性がある。
・銘柄の分析や選択が難しい。
・売買に手間が掛かる。

個別株には投資信託に無いメリットが多くあります。

その一つとして、自分オリジナルの組み入れができるということでしょう。

投資信託だと組み入れは運用会社が決めるので自分で銘柄を選ぶことはできませんが、個別株であれば、自分の好きな銘柄を選択することができます。

また、株の売買を直接行うことで、株式投資をしているという実感を味わうことができます。

投資信託の場合は、ひたすら積み立てるだけなので、売買の面白さは失われます。

高配当株による不労所得形成や株主優待を目的とした投資が行えるのも、個別株のメリットでしょう。

高配当株中心の投資では、配当金という名の不労所得を得ることができます。

お小遣いアップや将来の年金としても活用できるのでおすすめの投資戦略の一つです。一方、企業の業績が悪くなった際には減配のリスクもあることは覚えておきましょう。

株主優待中心の投資では、配当金とはまた違った楽しみを得ることができます。

商品券(割引券含む)から食料や化粧品まで各企業ごとに優待の商品は違いますので、よく吟味して自分のよく使うんものや欲しいものを提供してくれる企業の株を選びましょう。

一方、株主優待を貰うための最低単元(株数)があったり、企業の業績悪化により、株主優待が廃止になる可能性があります。

3.投資信託のメリット・デメリット

<メリット>
・売買の手間が掛からない。
・長期的には個別株に勝てる可能性がある。
・少額投資ができる(最低100円から)。
・投資信託内で商品や国の分散投資ができる。
・投資のプロが運用するので投資の知識が要らない。

<デメリット>
・信託報酬など運用管理費用が掛かる。
・投資が楽しくない。
・株主優待がない。
・株の売買を運用会社に委ねることになる。
・リアルタイムでの売買ができない。

投資信託の個別株には無いメリットは、何といっても少額で分散投資ができることです。

確かに、信託報酬などコスト面では個別株より多くなりますが、それを差し引いてもおつりがくるほど売買や銘柄の分析・選択の手間がないので非常に楽です。

一方、運用を運用会社に委ねることになるため、直接的に株の売買ができる株式投資に比べ、投資の面白さは下がります。

また、個別株にあった「高配当株」や「株主優待」中心の投資戦略を行うことができません。

投資信託では分配金を出す商品はありますが、「再投資」による積立が基本となるのでキャッシュが潤うことはありません。

黙々と投資額(運用額)を上げ、複利の恩恵を受けながら基準金額上昇による売却益を狙うことになります。

ただし、個別株の魅力の一つでもある株主優待については投資信託では受け取ることはできません。


4.まとめ

個別株と投資信託のどちらで投資をするかは、それぞれのメリット・デメリットを鑑みて、自分の投資スタイルに合った投資をするのが一番です

いくら投資信託が「楽」であったり、「少額で分散」できるといっても、株を売買することを楽しみたい人や株主優待を楽しみたいという人には不向きであり、そこを我慢するくらいであれば、個別株を中心とした投資というのは全然ありだと思います。

また、どちらか一方に絞る必要もなく、両方投資するというのも良いでしょう。

将来、どちらがリターンが良いかは予測不可能なので自分に合った投資スタイルで選びましょう!

※本記事の内容につきましては、個人調べによるものであり、正確性を確保するものではありません。
本記事によって生じる損害等につきましては、一切の責任を負いかねますので、ご承知のほど、よろしくお願いいたします。