こんにちは~「ぽん」です!

今回は「大卒の資格は必要か?不要か?」ということについて話していきます。

本記事は以下のような人が対象となります。
・大学受験生
・大学生


1.結論

大卒が必要な資格が欲しい人や大卒でないと就けない職業に就きたい人は大卒が必要です。

それ以外の人には不要です。

この理由について以下で説明していきます。

2.なぜ大卒の資格が必要なのか?

例えば、大卒が必要な資格としては医師系(医師、歯科医、獣医など)の免許は大卒でないと取得できないため、大卒が必要となります。

また、大卒でないと採用しない会社や職種もありますので、そういった場合には大卒の資格が必要となります。

しかし、それ以外の多くは大卒の資格が無くてもできることが多いです。

では、なぜ大卒の資格を取りたがる人が多いのでしょうか?

・就職の選択肢が広がる。
・良い会社に就職できる。
・周りが大学に行くからなんとなく。
・高卒で就職するのが嫌だから。
・給料が高いから
などなど、色々理由はあるかと思います。

高校生のうちは、やりたいことが無い人が大半だと思います。

何となく大学に行って在学中にやりたいことを見つけるというのも良いでしょう。

また、良い仲間に恵まれれば、有意義な時間を過ごすこともできるでしょう。

一番不幸なのは、大学を卒業したもののやりたいことが何もない人です。

3.大卒のコスパは下がっている?

大卒のメリットとしては、

・新卒就活時に役立つ。
・初任給が高い(最近は院卒も多いのでそちらの方が高い)。
・募集できる企業数が増える。

などが考えられます。

確かにどれも役立つといえば役立つのですが、大卒のコスパは昔に比べると下がってきているといえます。

大卒のコスパが下がったといえる理由は以下の通りです。

・大卒人口が増えたため、大卒が珍しくない。
・大卒や有名大卒であっても大企業に就職できるとは限らない。
・大企業に就職できても将来リストラされる可能性が高くなってきている。
・学費が高くなってきている。
・大学で役立つ能力が実社会で役立つ能力とは限らない。

総じて言うと、今まで大学のメリットであったものがメリットとして弱くなってきています。

4.まとめ

大卒であることは、今でもそれなりに役立ちますが、年々コスパは悪くなってきています。

近年、大学の学費が高くなっていることもありますが、大卒で得られるメリットが弱くなっていることが大きな要因となっています。

これからは大学を卒業することよりも、個の能力を磨くことが重要になってきます。
勿論、どちらもできるのが理想的です。

大卒でなくても実社会で活躍されている方は沢山いますし、大卒で活躍されている方は沢山います。

結局のところ、大卒のメリットをどう活かすかが重要なのだと思います。

※本記事の内容につきましては、個人調べによるものであり、正確性を確保するものではありません。
本記事によって生じる損害等につきましては、一切の責任を負いかねますので、ご承知のほど、よろしくお願いいたします。