こんにちは~「ぽん」です!

今回は「一人暮らしのかかる費用(生活費)」について説明していきます。

本記事の対象は以下の通りです。
・これから一人暮らしをする人
・将来、一人暮らしを考えている人


1.家賃

①家賃:目安4~7万円
恐らく固定費の中で一番比重を占めるのは家賃になるかと思います。
都心・郊外など住む場所によって家賃は大きく異なりますが、一人暮らしの目安としては4~7万円ほどになります。

東京の場合は7万円でも物件選びに苦労する可能性があります。

2.インフラ費用

①水道費:目安2千円
洗い場・洗面所・トイレ・お風呂など水道代が掛かるものは多くあります。
水は人が生きていく上で欠かせないインフラとなっています。
水道代の請求は2ヶ月に1回ですが、1ヶ月あたりにすると2千円ほどになります。


②電気代:目安6千円
今や電気を使うものは多く、照明や家電製品など電気なしでは人の生活は不便なものになります。
そのため、インフラ費用の中では一番掛かる費用ではないかと思います。

エアコンなど季節によって使用頻度が上がるものもあるため、比較的、夏や冬は電気代が高くなる傾向があります。

1ヶ月の平均値としては6千円ほどになるでしょう。

ガスが通っている場合は、もう少し安くなるかもしれませんが、オール電化の場合は、目安より高くなる可能性があります。


③ガス代:目安3千円
コンロやお風呂などガスが通っている家ではガス代が掛かります。
自炊の頻度や入浴の頻度によって費用は増減しますが、1ヶ月の平均値としては3千円ほどになります。

ただ、都市ガスか、プロパンガスかによっても費用が異なります。
都市ガスの場合は2千円ほどになり、プロパンガスの場合は4千円ほどになります。

因みにオール電化の場合にはガス代は掛かりません。


④通信費:目安7千円
ネット回線やポケットwifiを契約する場合、通信費が掛かります。
スマホやガラケーなどの携帯料金もこの通信費に含まれます。

今や通信費は、水道・電気と並んで欠かすことのできないインフラ費用となります。
そのため、固定費としての比重は比較的大きくなります。

固定電話を無くしたり、スマホを格安simに変えることによって節約することのできる費用です。

3.食費・日用品など

①食費:目安45千円
外食するか自炊するかによっても多少異なりますが、1食あたり500円と考えると、45千円(500円×3食×30日)ほどになります。

少し贅沢をしただけでも費用が上がるため、比較的、節約の対象となりやすい費用になります。


②日用品:目安1万円
ティッシュや衛生用品などの消耗品から服飾代・散髪代など生活に関わる雑費が日用品となります。
女性の場合は、化粧品なども日用品に含まれます。

消耗品など都度発生するものもあるため費用変動も大きいですが、1ヶ月あたりで考えると1万円ほどになります。


③交際費:目安1万円
最近は会社などの飲み会も減っており、積極的にコミュニケーションを取ろうという人も減ってきたため、昔に比べると費用が掛からなくなってきた費用になります。

人によっては、ほぼ交際費が発生しない人もいるでしょう。

1回あたり5千円として、月2回飲みに行くと仮定すると1ヶ月あたり1万円ほどになります。

4.まとめ

一人暮らしの生活費としては以下のようになります。

<家賃>
①家賃:目安4~7万円

<インフラ費用>
①水道費:目安2千円
②電気代:目安6千円
③ガス代:目安3千円
④通信費:目安7千円

<食費・雑費など>
①食費:目安45千円
②日用品:目安1万円
③交際費:目安1万円


※本記事の内容につきましては、個人調べによるものであり、正確性を確保するものではありません。
本記事によって生じる損害等につきましては、一切の責任を負いかねますので、ご承知のほど、よろしくお願いいたします。